小さな親切大きなお世話と言われて

ボランティア精神は良いことだと思います。

見返りを求めない労働、素晴らしいです。自分もそういう気持ちで困っている人を助けたいをと思う気持ちも有ります。しかし、困っている人の見極めが結構難しい局面が有ります。人を手伝おうとする気遣いも時として余計なことになってしまう場合も有ります。

困っている人に手を差しのべるという気持ちでするからなのかもしれません。上から見ていると思われているからかもしれません。仕事をしていてもそういう局面が多々有ります。人間ですので人の好き嫌いも有ったりするでしょうし、断られたからこの人に嫌われていると思ってしまったり中々難しいです。気難しい人も居ます。アンパンマンの世界のようにいかないのが現実なんだと思うと少し世の中が嫌になります。

日々の運動に取り入れ始めた散歩

最近運動不足がたたってきたと感じ始め、簡単な運動を取り入れようと思い、散歩を日々の習慣に取り入れはじめました。

散歩中は基本音楽をきいているので、時間を気にせずきままに歩いています。

散歩していると、いままで行ったことのない裏路地や、バス等では見かけても徒歩では見たことのない景色があり、近くでも思わぬ発見があります。

最近では、Coke Onというアプリが対応している自動販売機を見つけたら、コーヒーを買ってクーポンをためる、という小さな楽しみも見つけました。

運動不足解消にいきなりスポーツをはじめたりするのは体にいきなり負担を与えてしまうので、軽くから慣らしていきたい人などは、是非散歩を日々の習慣に取り入れることをオススメします。

1人の時間を確保することは私にとってとても重要です

私の趣味っていったらなんだろうなあと考えていたのですが、もしかしたら1人になることかもしれない、という結論に至りました。

家族を持ってから、マイペースに過ごせることが無くなりました。常に誰かが私の側にいるという生活は幸せであるものの、くつろげません。

そこで、家族を夫に任せ、外出をしたこともあるのですが、なにか違うんですよね。落ち着かないんです。

この原因はズバリ、他人がいるから、です。1人でマイペースに過ごしたいということは、屋外でも1人で過ごしたいということだったみたいです。

外へ出ると否応無しに他人と遭遇するので、1人にはなれないんですよね。

そこで、家族にお願いして、休日の土日のうち1日は私抜きで外出してもらい、家の中で私1人の時間を持てるように協力してもらいました。

この1人の時間が私にとってはとても貴重です。

おでんツンツン男って本当の馬鹿なの?

もう一言でバカ丸出し!です。

なんでこんなことやって、わざわざ動画をアップして、それを撮ってるもう一人の馬鹿もいて何なんでしょう。

近年、これだけ動画をアップして炎上してるの知ってるでしょうに、それが自分は炎上しない、炎上しても逮捕されるまでにはならないって思ってるんでしょうか?馬鹿だから。

結婚して子供もいるって本当なの?信じられません。どうして結婚できたのかな?

奥さんはモデルさんらしいけど、こんな男のどこが良いんだろうと思ってたら別居中なんですね。

まあ奥さんは良いけど、ただ、子供が可哀想です。

それにこの男の母親がインタビューに答えてたけど、気の毒だとしか言いようがない。

でも自分の子がいい年してこんな事やってたら、どうしよう?

近所にも知れ渡ってしまい、恥ずかしくて表なんて歩けません。

本当に情けないです。

アロマキャンドルで自宅のお風呂を最高のリラクゼーションスポットへ

仕事で疲れた日はお風呂を沸かしてゆっくりと湯船に浸かって疲れを癒したいですよね。

そんな時にお薦めなのがアロマキャンドルを灯しながらのお風呂です!

先日、会社の同僚からバリ島土産にアロマキャンドル頂いたのです。

甘くて何だか美味しそうな香り♪

ココナッツとジャスミンが混ざって少しフルーティな香りを足したような…何だかとってもエキゾチックな気分に浸れる香りなんです。

その同僚が泊まったホテルのスパでは同じ香りのアロママッサージがあってそれがすごく良かったそうな(羨ましいっ)。

マッサージは行かないと施術してもらえないけれど、同じ香りなら…とお風呂の明かりを消してアロマキャンドルの仄かな明かりだけでバスタイムを楽しんでみました。

凄く贅沢な気分に浸れたぁ!

明かりを消してちょっと非日常ぽくしたのが良かったのかしら?

何だかおウチに居ながらにしてリゾート気分をお手軽に楽しめるのって凄くイイっっ。

もしもおウチにお好みのアロマキャンドルあるなら是非、お試し下さいな。

勿論、周囲に可燃物置かないようにして火事にはお気をつけ下さいね。

日用品のストックを少なくするにはどうすればいいのか

私の実家には日用品のストックが山のように置いてあります。以前子供と帰省したときにストックが崩れてきて子供が怪我をしてしまいました。これでは危ないということで日用品はなくなったら購入するくらいでいいということを私から言ったのですがそれではあまり効果がなかったので、整理整頓に関する本をプレゼントしました。これはまあまあ効いたようです。
またおばあちゃんは子供である私のことより孫である息子の言うことをよくききます。孫からの「このティッシュペーパーが邪魔で遊べないからもうおばあちゃんの家には来たくない」という一言は何よりも効果があったようです。これで日用品のストックが減りました。それからは安心して実家に帰っています。

立川談志が語る落語=イリュージョンについて

立川談志は常々落語とは、人間の業の肯定であるという主張をしていました。つまり、人間の業=人間の欲望や堕落した部分を否定するのではなく、人間とはこんなもんであるという風に肯定することが落語の神髄であるという考え方を持っていました。しかし、晩年、立川談志は落語は一種のイリュージョンであるということを言い出しました。

これは一見理解に苦しむ言葉なのですが、今回はこの言葉の解釈について自分なりの考察をしていきます。本来、お笑いとは非常識なものです。例えば、漫才ではボケという非常識な存在がいますね。一方でツッコミという常識的な存在がいて、彼らのやり取りを観客は常識の立場から見るわけです。これが一般的なお笑いの原理なのです。

では、舞台側の人間がすべて非常識な存在であればどうでしょう。非常識同士のやり取りは当人間では常識です。その中で観客は非常識な中に存在する常識を見るという体験をします。これが幻想的な幻惑的なイリュージョンのように映ると談志は考えたのではないでしょうか。

ノートパソコンには、そろそろ限界か?

私は三年前に購入したパソコンを使ってます。

CPUはCorei7ですが、ハードディスクは5400回転の遅いんです。今は7200回転とか、早いハードディスクが主流です。でも、まだ頑張って貰わなきゃいかん。私のお小遣いは、タバコ代を省いて3万です。タバコ代を入れると5万を、越えると思います。今のパソコンは羽振りがよかったのかノートをBTOでかって20万円くらいしましたね。私は、DTMもするので1テラの要領が少し不安になってきました。今から貯金をすると、約一年足らずでお小遣いが貯まる計算になります。

今度はデスクトップのBTOを買っちゃおうかと、思ってます。2テラのSSDに外付けのハードディスク、これで、完璧でしょう。今のパソコンも起動時はNAND型のフラッシュメモリーとハイブリットなんですね。それでも遅いです。さすがに、母親のノートに比べたら早いですが。あとは念願だったマルチディスプレイの設置です。23インチを四枚ならべたいとおもってます。その為に横幅が広いパソコンデスクを買いました。ついでに椅子まで買い換えたもんで、先月はじり貧でした。机も50000円するし椅子も16800円くらいしましたね。

そんなに買い物ばかりしてたんじゃお金はたまらないです。