新しい仕事において勉強中だ。

今、新しい仕事について、簿記の勉強中だ。
一応、簿記2級は有するのだけど、取ったのは大学1年生の時だ。
簿記関係の仕事をしていたのは、直近で以前で、
今、勉強しているのに用いる本は、 初めて会計事務所で働いた時に慌てて帰りに買った本だ。
資格を持っていると採用には有利に上るけれど、
当たり前の話だけど、有することを前提に職場で話をされて仕事を任されて焦って買ったのを覚えています。
取得したのが、最近でもとっくでも、有することに変わりは弱いんだけれど、
私が思うに、最近取った人のほうが知識はあると思うのです。
私は2級だけど、最近3級取った人のほうが簿記の知識はあるのではないかと。
(記憶力というか即実践に活かせるに関してで)

経理の仕事も会計事務所での仕事でもなく、
3級程度の知識があれば大丈夫と言われているので、
大丈夫かなとは思っているけれど、やはり初日ビジネスと向き合うまでは心配です。

前の仕事を辞めてからひと月が経ちました。
久しぶりに就活を通して、
久しぶりに着たスーツはスカートのファスナーが上まで上がらず、
上着のボタンは甘んじるのがギリギリだ。
今度の職場は制服で、屈辱の服のサイズの号数ワンランク上を申請しました。

憧れたヨーロッパの昔と今のリアル

数年前、私がまだ大学生だった頃、もう覚えていませんが何かの授業の先生が雑談をしてくれた内容が今でも忘れられません。恐らくかなり昔の話だとは思うんですが、どうやらヨーロッパ人はすれ違った時に思わず振り返ってしまうほど臭かったらしいです。聞くところによるとヨーロッパ人はお風呂が嫌いらしくあんまり入らなかったらしいです。なので体臭がキツかったとか。その体臭を防ぐために香水をたくさんつけて、そうやって香水はヨーロッパで発展していったんだという話をしてくれました。

 また、トイレに行くのが面倒臭く、ちゃんと行かないとも言っていました。トイレの有無は分かりません。ちゃんとあったとは思います。面倒臭いから皆庭先で用を足していたらしく、玄関を開けたらそこら辺いっぱいに排泄物があったらしいです。それを避けるように爪先立ちで歩いていましたが、面倒臭いし疲れるから、かかとに一本棒をつけた、と。それがハイヒールになったそうです。

 この話だけ聞くと、ヨーロピアンは面倒くさがりで臭いというイメージが強くなってしまいますが、先生は追い討ちを掛けるように「だから宝塚で、オスカル~!ってキャーキャー言ってるけど実際みんな臭いんだよ」と言われて、理想が崩れるからやめろー!と心の中で叫びました。

外で働くということ

我が家は、夫が仕事をしてお給料を貰って生計を立てています。
妻の私は、結婚する時に子供を望んでいるからいつ妊娠しても良いように、と夫から仕事を辞めるように促されました。
私としては、 ギリギリまで働いていても良いと思っていましたが、働かなくて済むならストレスも減るので喜んで辞めました。
でも、ようやく最近上の子が小学生、下の子があと一年したら小学生になるので落ち着いてきました。
それもあって、働くことを真剣に考えています。

子供たちにお金もかかるようになってきたし、外でパートで少し働いたら、お金の余裕も出来るかなと期待してしまうのです。
家で子供の相手したりしながら内職する程度だと、やっぱりなかなか思うようには稼げません。
そんな事考えて、求人情報を見ていたのが昨日なのですが、ちょっと気になる求人もあって気持ちが向いていました。

そして今日になって、私は生理前で腰が痛くてたまらなくなってきました。生理中よりも、生理前が辛いんですよね。
他にも、私は出産してから弱くなったのか、風邪引くと結構長引くのも忘れていました。
それを鑑みると、気楽に外に出て働こうなんて考えるのはやめようと思えています。
外で働くって、大変な事なんですよね。改めて夫に対して感謝です。

ロボット達と共に星を蘇らせよう!『プロジェクトレストレーション』

Yahooモバゲーはアカウントがあればすぐ遊べて、PCにもスマホにも対応していますよね。ですが今回おススメしたいゲームはスマホには非対応。PCでのみ遊べるのですが動作もちょっと遅いです。「何故そんな勝手の悪いゲーム紹介すんじゃい!?」と思われても仕方ない、だって面白いんですもの! そんなゲームの名前は『プロジェクトレストレーション』。

舞台は未来のとある惑星。謎の大気汚染によって人間はおろか、ロボットさえ地表で活動出来ず、人々は地下シェルターでの生活を強いられました。しかし長い時が経ち、ようやくロボットが外に出られるまでに大気の状態が回復。この汚染の原因、そして惑星の真の姿を探るため、そして蘇らせるため、ロボット達と共に広大な惑星探索を始めます。

荒れ地を手入れして材料を集め、それを使って様々な建造物を建て、新たな材料を作る等して星を開拓していきます。色々な植物を育てて材料にしたり、空気清浄用アイテムを設置すればニンジンや小麦等の農作も可能。ゲーム中ちらほらと敵キャラっぽいものが出現しますが、作物が喰われたり建造物が壊される等の被害は全くないので放っておいてもOKです。ただ倒せばお金やアイテムが貰えるので、余裕があれば倒すとお得。戦闘は一切起きないので、探索や生産を存分に行えます。

ゲームで活躍するロボット達も軽く紹介しますね。主人公的存在のスポットは丸い体と頭のアンテナが特徴。作物の種を植えたり生産物の回収を行います。拠点となるバンカーの外を主に探索するのも彼。ティミ―は絵本に出てきそうな姿のロボット。箱形の体と長めの両腕で、枯れ木や石の山を片付けるプロです。フライは頭のプロペラで飛び回るロボ。ゴミや鉄クズの片付けならこの子にお任せです。この3体のロボを操作してゲームを進めると、探索をサポートしてくれる仲間達が続々登場します(ただし操作は出来ません)。

PCでの動作が遅めなのは、グラフィック等の精巧さやロボ達のさり気ない仕草等、色々と凝っているが故。外国のゲームを邦訳しているので台詞がおかしな感じだったりもします。また説明文が分かりにくいこともあるので、行き詰まったら公式サークルの攻略掲示板等を参照して下さい。

材料は入手出来るか運次第の物も意外と多め。建造物は大規模な物になると資材も大量に必要なので準備にも時間を要します。更に「友達から指定の材料をもらおう」というクエストも時々出るので、友達は多い方が有利です。このゲームはやり込み要素をじっくりコツコツ楽しみたい方にこそおススメ! 興味のある方は始めてみてはいかがでしょうか。

子供たちと共に懐かしのファミコンが今熱い

最近、子供たちとの休日の過ごし方として、ファミコンをまた引っ張り出してやっています。私はファミコンと同じ年くらいになるのかな。初めてファミコンをしたのは幼稚園の年中くらいの記憶があります。当時、新しい物好きの父が嬉しそうな顔でファミコンを買ってきたのを覚えています。兄弟3人と両親でアクションゲームやパズルゲームをした覚えがあります。
私も結婚し、子供も3人恵まれて幼き日の自分を思い返しながら眠っていたファミコンを呼び戻しました。

ファミコンの代表作とも言えるスーパーマリオ。幼稚園の頃に毎日やっていたせいか、全面クリアもお手のものです。子供からはどうして父ちゃんは上手なのさと聞いてきます。毎日何時間もやっていれば上手になりますよね。今の子供たちは、複雑なゲームに慣れ親しんでおり、スマートフォンなどの使い方を覚えるのがとても早いのですが、手先が少し不器用になったかなという印象を受けます。
ファミコン世代は単純なゲームでのテクニックを競いあっていたので、かなりゲームスキルはあったのだと思います。
まだまだ子供には負けないテクニックが体に染み付いていますが、いつか抜かされる日が来ると思うと、まだまだトレーニングが必要と感じます。

ウォーキング

今日は、朝の6時くらいに起きてウォーキングに行ってきました。

自宅から近い公園を大きく2周しました。

1周で15分くらいかかるので、合計30分くらい歩きました。

最近ウォーキング用にシューズを買ったので、それを履いて行きました。

新しく買ったシューズは、軽くて歩きやすくウォーキングがより楽しく感じられました。

明日も歩きに行きたいといった気持ちになります。

ウォーキングが終わった後は、公園の椅子に座ってキレイな池や景色を眺めながら読書をしました。

涼しく丁度良い気候なので読書も捗りました。

ウォーキングは、老若男女誰にでも簡単にできるのでお勧めです。

ウォーキングをするのに特に用意しなければならないものもありません。

シューズやipodなどがあればより楽しくウォーキングができるのではないかと思います。

ウォーキングは現在は週2日くらいしかしていません。

午前中に行うことが多いです。

私は今までさまざまなダイエットに挑戦してきましたが、その中で一番効果があったのもウォーキングです。

過去にはウォーキングで約20キロの大幅なダイエットにも成功しました。

その時は、週5日、45分くらい歩いていました。

今でもリバウンドせずに済んでいます。

これからも健康と体型維持のためにウォーキングなども運動は継続して行いたいと思います。

MY仕事

2017年夏、育児休暇応援派遣として働いていた私は契約期間が6月末で切れてしまい無職生活に・・・
そのため就職活動を始めたのですが短期応援派遣や契約社員ばっかりしていたので30前にして仕事が決まらず毎日をダラダラと高校野球を見ながらアイスを食べ5kg太った生活を送っていました。
そんな中、8月に見事内定が無事に頂き働くことになりました。
ついた仕事はSE(システムエンジニア)。文系卒の私がまさか自分がSEになる日が来るなんて思ってもいませんでした。
自分より頭がいい人工知能に文章や会話のスキルをインプットする仕事をしています。
人並みにPCは使える気でいたのですが、使い方が素人すぎて・・・ハイスペック技術を習い日々仕事に励んでる毎日であります。

最近、つくづくおもうことが3つあります。
1.自分のスキルのなさに愕然・・・
2.完成図が理解できずに仕事に着手しないといけないので自分の仕事が遅い・・・
3.このポジション私で大丈夫???です。

現在試用期間の私はこのままで大丈夫なのかと毎日びくびくしながら仕事をしています。
どうにかしたいのにどうにもできないスペックのなさ。
自分自身情けなく感じている今日この頃。
それでも後がない私は、目の前の仕事をやりこなしていくしかないのが現状であります。
1週間が長い・・・今週は後1日頑張ります。

働きがありません

剰余教授の所為でしょうか。父母に何も与えられなかったからかもしれません。自宅が向かいに並んで立っている辺りを間借りしています。20カテゴリー程、古くさい場所より真新しい自宅は、店賃が、3万円ほど高いです。
そこには、30代のカップルが住んでいる。30世帯ほどだ。
ただし、こういう30代の剰余世代。不気味だ。なぜなら、生活呂律がしないのです。小児の騒々しいなき声は困りますが、小児を叱ったりするようなサウンドがほとんどありません。ますます、不思議なのは、小児が小さい時には、家族で出掛けたりするものですが、ざっと足取りがないのです。
恐ろしいほど、ただ、室内にいる。これでは環境は良くなりません。ティーンエイジャーに引っかけるしかないです。